資格取得する方法

取得するための2つの方法

整体師の資格は、民間資格です。資格を取得する方法は、主に次の2つの方法があります。まず1つ目は、整体師を育成するための専門学校やスクールなどで学ぶ方法です。授業には、学科と実技の2種類のものがあります。学科では、テキストを使用して整体師に必要な知識を学びます。学校によっては、人体に関する専門知識以外に、経営学やマーケティングなどの独立後に役立つ知識を学ぶところもあります。実技は、講師から直接整体の技術を学びます。もう1つは、通信教育を受講する方法です。この方法の場合は、自宅に郵送される専用の教材を使用して、独学で学習します。疑問点があった場合は、電話やメールなどでサポートを受けることができる通信教育もあります。

取得することで得られるメリット

整体師は、国家資格ではありません。そのため、資格がなくても整体師になることはできます。しかし、整体の知識が全くない状態では、正しい施術を施すことはできません。また、正しい知識がなければ、患者にアドバイスすることも難しくなります。一方、整体師の資格を取得するためには、沢山の整体に関する知識を学びます。つまり、整体師の資格を持っているということは、それだけできちんと技術を持っているということの証明になります。そのため、患者の信頼を得るためには、資格を持っていた方が良いということができます。また、資格を持っていると、就職や転職の際に有利に働きます。求人によっては、整体師の資格が必要と明記されている場合もあります。