資格の有無

どんな方法で整体師の資格を取るのか

整体師とひとことで言っても、例えばカイロプラクティック院を開業している人でも、実は資格を持っていなかったりします。 鍼灸や柔道整復師などのように、国家資格を必要とする職業ではないからです。ですので、資格を持たずに開業していても、違法ではありません。 患者さんは、資格をこの人は持っているだろうか などとはあまり考えません。 この痛みをとってくれるか。支払った金額以上の効果はあるか。つまるところそれだけです。なので理論上は、資格は特に必要ないということになります。 けれどやはり整体師として成功したければ、何らかの資格は持っておいた方が無難です。民間資格なので、何年間も専門学校に通わなくてもとれる講座も、たくさんあります。

なってからの方がずっと重要

マッサージサロンひとつとっても、本当にいろいろな種類があり、まだ、試していないマッサージだらけです。その人が整体師さんなのかどうか、などということは考えたこともありません。資格がなくても良ければ続けるし、効果がなければもう行きません。それから、施術を受けている時間が心地好いかも重要です。いくら凝りが取れても、あまり気持ち良くなかったり、苦痛だだたりしたらもう行きません。なにが幸いするかはとにかくリピートしたくなる整体師さんかどうかに尽きます。資格は、できたらいろいろ持っていた方が最初の就職には有利でしょう。ですので時間とお金があれば、他の、理学療法士などの資格をとっておけば、病院で働くことも可能になります。